映画や海外ドラマで出てくる中華料理の入った容器の名前は何?

2018年11月6日 | By プルシャン | ファイル: 雑学・小ネタ.

スポンサーリンク

例の入れ物、何て言うの?

 

映画や海外ドラマで一度は見たことがあるであろうあの入れ物。

 

例の入れ物

 

そう、こいつです。

 

よく中華料理(とおぼしき食べ物)が入っていますが、あの特有の形をした容器の名前、なんというのでしょう?

 

答えはオイスターペール(Oyster pail)というそうです。

 

何故にオイスター(牡蠣)なのか?

 

中華料理(多分)を入れる容器で何故にオイスターと呼ばれているのでしょうか?

 

一瞬、オイスターソース使うからかなーと思ったのですが実はそうではなくて、

 

元々牡蠣を包む容器として流通していたそうです。

 

オイスターペールと中華料理の出会い

 

どのようにして牡蠣の容器と中華料理が出会ったのでしょうか。

 

それには幾つかの説があります。

 

牡蠣生産者が謝ってオイスターペールを大量に発注してしまい、とんでもない数の在庫が出てしまった。

 

そこに中華料理店が目をつけ、大量のオイスターペールを買い取ったのが始まりとされる説。

 

また一説には、牡蠣の殻をむくのにはスキルが必要なため、だんだんと人々が牡蠣を買わなくなり、牡蠣の販売数が減るのと同時にオイスターペールも余るようになった。

 

そこにテイクアウトできる容器を探していた中華料理店が、汁の漏れない丈夫な容器にちょうどよいとオイスターペールを使い始めた。

 

というのもあります。

 

まだまだ探せば伝説がありそうですね。

 

 

 

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です